トップページ

太陽光発電を導入すると?

ソーラーシステムがどれだけ進んでいるかをご存知ですか?地球温暖化に伴い夏の日照時間も長くなっております。そんな中で使用できるエネルギーを無駄にしてはいけません。大事な資源として活用するのが一番です。当サイトは色々なECOについて紹介していきます。

剰余電力を売って臨時収入に

先日、家を建て替えした時についにわたしもソーラーシステムのデビューをしました。今では、スカッと晴れた日差しの強い日は電気が売られていく様子を確認するのが楽しみになってしまいました。

とはいえ投資分を回収するには20年弱程かかるようで、悪い業者に引っかかると費用回収前に機材が壊れてしまう可能性もあります。多くの業者に相談して、納得できたところにお願いするのがオススメです。

日々の暮らしの安心が確保できる

東日本大震災の原発事故の後の計画停電時でも最低限の電気は自家発電ができるので、ガンガン電気を使うことは難しいにしても、冷蔵庫や湯沸かし器などの止まっては困る電気が止まる心配もなく、ソーラーシステムを導入して良かったなと思います。これから電気料金の値上げの可能性がありますが、基本的には自家発電で賄えることを考えると全ての電気代を電力会社から買うよりは打撃も少なそうです。

環境問題を考えたECOシステム

これまで発電の大部分を支えていた原子力発電は東日本大震災の原発事故の影響で再稼働は難しそうですし、何より何かが起こった際の環境汚染が看過できるものではありません。また、今主流となっている火力発電ではCO2を多く排出するということで、これも環境汚染を確実に進めるものです。その点、太陽光発電は害となるものを発生させないのでECOと言えますね。自分一人単位で考えると利益はなさそうですが環境問題はひとりひとりの意識が大切なのでここに寄与できる価値は大きいです。

このように、自分の生活にマッチすればお得で同時に安心も手に入り、社会貢献もできるソーラーシステム。費用のかかるものですので、ソーラーシステムについてよく勉強して、納得の上での導入をお勧めします。


太陽発電ってなに

今日、家庭での太陽光発電もめずらしくなくなってきましたが、そもそも、太陽光発電とは何なのでしょうか?太陽光発電とは、太陽電池パネルを使用し、太陽のエネルギーを電気エネルギーに変換することです。

電気を売る

太陽光発電によって発電した電気を、電力会社に売ることもできます。このことを、売電と言います。電気というものは、基本的にはためておくことは不可能なのですが、昼間の発電では、必要以上の電力を発電してしまうこともあります。

オール電化とは?

ここ最近、CMなどでオール電化という言葉をよく耳にするようになりました。では、オール電化とはどのようなもののことを言うのでしょうか?オール電化住宅とは、調理や給湯、冷暖房などを全て電気の力によって動かす住宅のことを指します。

取り扱い業者

太陽光発電パネルを販売している業者を紹介します。最近メジャーになってきたこともあって、たくさんの業者があります。ご自分の家にあったもの、コストなどをよく検討しましょう。